やりきれない

群馬・桐生で小6女児の自殺の記事が今ワイドショーとかで出ましたね。

もぉ、やりきれない。こういうの。

いじめが原因で命を絶つ。絶ちたかった訳があるはずない。そこまで追い詰められていたんだと思うと悲しくて仕方がない。

学校はいじめの認識はないという。

あぁ、やっぱりねって感じ。学校にとっては見ないふり。

そんな風に思ってしまったのは先日娘の部屋から1冊のノートが出てきたから。

中2の6月。国語の授業で意見文というのがあって毎月自分の気持ちを文章にするというのがあったらしい。

そこで娘は、自分が人間関係を築くのが苦手で、つい、きつい口調で話してしまったり、
不愛想になってしまう事や、その時いじめにあっている事を書いている。
自分がいじめにあうのはきっとこの性格のせいだろう。
でもそんな自分にも小学校からの友達でクラスは違ってしまったが
Mちゃんが自分を心配してくれて、話を聞いてくれたり優しくしてくれる。
そんなMちゃんにとても感謝している。
いじめは辛いけど頑張って学校に通いたいです。

と書いてあった。

不登校になる少し前の頃だ。


その意見文に担当の国語教師は

「そろそろMちゃんのように人の事を心配してやれる人間になりなさい」

とコメントを返してあった。

靴を捨てられ、弁当を隠され、クラス中から無視されていたこの頃の娘の心情を思うと涙が出てくる。
それでも頑張って学校に通いたいと書いた娘の意見文にこの教師はなんて思いやりがないんだろう。

この時の担任もそうだったが不登校児なんて正直手に余る、フリースクールに行くならどうぞ!みたいな対応に心底腹がたったが、担任だけじゃなく他の教師も娘の気持ちをくんでくれる教師はいなかったのだろう。

学校への不信感は今も変わらない。

自殺した女の子の気持ちを教師がもっと聞いてくれていたら違ったのかもしれない。
それでも子供なんて残酷だからいじめはとまらなかったかもしれない。
でも止まらないなら学校で彼女を守って欲しかった。
親も何度も学校に相談に行ってるのに、いじめの認識がなかったなんて嘘だ。


学校なんて 学校なんて 学校なんて・・・って思ってしまう。


亡くなった女の子の魂が安らかにあって欲しいと今は思います。


今回はちょっと感情的になってしまいました。
ごめん







にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

弱い子を守るガキ大将でした。
いじめは一度もしたことありません。
中学で初めて大勢にナイフで脅され負けました。

今のいじめはガキ大将のいない
大勢でいじめる狡猾なものですね。

民主主義の醜い部分を削ぎ落とさないままの教育が自分だけ良ければという
個人主義を育てた日本の教育がいけないと思います。
昔のように子供の時だけは先生が賢明な級長を選ぶようにしなければならないと思います。

太郎 さま

コメントありがとうございます。

子供って大人ほど分別ないから
昔も今も基本残酷な生き物だと思います。
それでもまだワタシが子供の頃の教職者達は
善悪をしっかり教えてくれてたと思います。
悩む子供の言葉にしっかり時間を裂いて話を聞いてくれたりしてた。

でも今の教職者ってサラリーマンのようで教務以外の事は知らんぷりな面がはっきりとわかるんですよ。
ワタシの娘の時も何度か相談に行きましたが露骨に面倒くさそうで嫌な顔なんですよね。

日本中探せばきっと良い先生もいるのでしょうが頼りにならない先生の方が圧倒的に多いのが今の現実だとおもいます。
プロフィール

マルル

Author:マルル
東京都在住。

私、息子、娘の3人家族。
ぐうたら大好きのインドアパート主婦。
旦那が癌で亡くなり大変な日々を送っておりますが子供たちの協力で肉体的、精神的、金銭的にも助けられ、なんとかやってます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
コメントありがとです♪
楽しく読ませてもらってます♪
カテゴリー
訪問ありがとう
月別アーカイブ
いくつになったの
ブログ内検索
リンク

にほんブログ村