スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1周忌をどうすべきか。

今 結構悩んでます。

1周忌やるべきかどうか。


亡くなった時は3回忌位まではと
思っていたけど
私も旦那も無宗教であり、
散骨にした事で
お墓も無いし(一部分骨なので
お盆に墓参り済み)、

費用の面もあるけど、
1番は家族のスケジュールが
バラバラな事に加え、3人とも時期的に繁忙期。

仕事を1番に優先してきた旦那が
休んでまでの法事を喜ぶだろうか?

法事の意味は故人を偲ぶ為に
普段会えない人たちが集い
縁を深める意味合いもあるという。

やるにしても家族だけで済ますから
縁を深める意味合いはあまり関係ない。

旦那を思うというのなら
毎日私も子供達も手を合わせ
一言二言話しかけてる。

何も改まってお経をあげてもらう事は
必要なのか?ってね。

子供達も別に1周忌しなくても
毎日忘れてないから
いいんじゃないかという。

だから今凄く悩み中...。


自分の時は散骨後は一切何も
しなくていいって決めてるんだけどな。

うーん...



コメントの投稿

非公開コメント

マルルさん。お疲れ様。
一周忌悩みますね。
ちょっと愚痴になるんだけど、うちは菩提寺があってね。
お寺にお墓があるの。
旦那のお母さんの骨が納骨されててね、そこに夫も入るんです。
夫が亡くなる前に、何時ものお盆の法要の振込した。
今日帰ったら、秋彼岸法要の振込のお知らせが来ていて。
戒名も30万ぐらいかららしく。
納骨は七万円。
これぐらいは普通なのかもしれないけど、これから義理母さんと、夫の2人分を季節毎にお支払いとなると、大変。
五年には1度は、お寺修理のため、10万単位のお布施しないといけないらしい。
夫には、姉弟さんがいて、やらないわけにもいかず、バチあたりかも知れないけど、先々不安です。
マルルさんちも、
家族だけで、亡くなった旦那様を偲ぶだけで、ダメなのかしらね。


最近 宗教って何なのだろうと思います。
特に仏教はハテナ?です。
嫁いだら自動的に宗派が変わるなんて変!

とは、言え義母さんや夫の弟妹の事があるので一周忌はしましたけどね。 来年の3回忌まではするつもり。

自分の時はお寺さんは来てもらわず、戒名頂かず 娘達だけで見送ってくれたらそれだけで終わりにしてもらいたいね。
お骨は夫と共に樹木葬で埋めてもらって。

本当に仏教が分からないわ。

かえさん
それ とても大変だね。

我が家もお墓があって義父が入ってます。
そこへ主人を入れなくちゃ みたいだけど私 まだ納骨してません。
義母は早く入れたいらしい。
納骨しないと成仏出来ないって。
成仏ってなに?
仏教でない人はどーなるの?

我が家のお墓は弟に任せ 
私と夫は樹木葬にが希望です。 
娘達は賛同してくれてるので、ちゃんと書き残しておこう。

いつか弟、妹と話し合わないとね。
難しい問題ですね。

かえさま

それは...大変だわ。
菩提寺とのお付き合いも大変なんだね。
うちは旦那の実家の事もあって
葬儀の時だけは旦那側の宗派のお経を
あげて貰い、戒名もいただいたけど
旦那も私も無宗教。なのでその後は
子供達に負担をかける事のないように
お墓は持たずに散骨を選んだの。

義兄達も特に反対は無かったです。
経済状況もバレてるから仕方ないと
思ってくれたのかも。

葬儀の時に戒名込みでお経をあげて
貰いお坊さまにお支払いしたのが約20万。
散骨代が約5万位でした。

四十九日が5万位で済んでます。

今回 1周忌にあたり、家族だけでの法要だし
旦那を偲ぶのなら毎日してるし、
それならしなくてもいいんじゃないかと
思い始めてます。

私は自分が死んだらそこで終わり。
残された生きている人の為に生活をするべきとの
考えなので余計法事に?マークなんですよね〜。

ラベンダーさま

私ね、人は亡くなったら
輪廻転生の輪の中で もう次の生を
生きてるんじゃないかと思ってるの。

だけら四十九日で旦那の魂は
天国に行ってるはずで
もしかしたら今は違う生を生きてるかも
しれない。


私も子供達も毎日旦那を
忘れてないし、お経の必要性も
正直あまり感じてないの。

どちらかというと世間体かな。

今 気持ちは8割方 やらなくてもいいかなって
思い始めてます。

お寺さんにお経をあげてもらわなくても
旦那の1周忌の日は
小さな仏壇から位牌とお骨と写真を
陽の当たる窓側に出して
旦那が好きだった物を供えて
子供達といつもよりも深く思い馳せれれば
いいかなって...。


私の時は亡くなった日の1日だけ
子供達に悲しんでお別れして
貰って、葬儀不要で火葬、散骨を
希望してます。

旦那の位牌、遺骨、写真は
私と一緒に燃やしてくれと。

子供達には煩わしい事
一切残したくない考えです。

それでも父母の何かを手元に
残したいならそれはそれで
自分の考えでやればいい。

息子にも事あるごとに 話してるから
私が亡くなった時は大丈夫だと
思います。

ラベンダーさま

親族で考えが違うと何かと大変だよね。
その点うちは旦那の兄弟たちも
何も言って来ないのでラッキーなのかも。
裏で滅茶苦茶言われてるかもしれないけどね〜(苦笑)

私は四十九日で旦那は成仏したと
思ってます。納骨しないと成仏出来ないとは
思ってないです。どちらかといえば
ずっとそばに置いて貰ってご主人逆に
愛されまくってるじゃないですか(笑)

うちなんてさっさと散骨したから
旦那のお骨は今頃立派にお魚のご飯。
魂はきっとすでに転生してると思いたい。

ようは法事って生きてる人のもので
そこに色々なしがらみや世間体が
絡んでるから難しいよね(>人<;)

マルルさん。ラベンダーさん。

再び失礼します。
私もね、自分の生きてる内は、なんとかお寺さんへのやりくりしようと思うけど、息子に引きつぎさせたくはないんです。
その墓は、直系しか入れなくて、夫の弟さんは入れないの。
それも3人までらしい。
私は、そこには入りたくないんです。
義母と仲が悪いとかじゃ、なくてね。
なんとなく、ちょっと違和感がある。
義父は一心寺だし。
お寺も、梅田まででて、JR大和路快速乗って、奈良の大和郡山。
義理姉は近くに住んでいて、菩提寺には親戚の墓もある。
戒名も、母親と同じぐらいの字数でないとと言っていて、なんだか、話だけで気が遠くなります。
今月17日は、早目の49日と、戒名もらいにいきます。
私もね、自分が死んだら、まあ息子しかいないけど、私のためにお金使って欲しくない。
遺族年金はいったら、お寺への支払いの為に毎月貯金です💦💦
なんだかなあ。疲れます😓

マルルさん 何度もごめんない。

考えれば一周忌は嫁としての仕事を そんな感覚で済ませましたね。 だって私自身が成仏とやらを思ってないのですしね。
実際の命日18日のほうが大事だったし。
けど多分来年の3回忌も嫁の仕事でやります。
言われる世間体ってやつですね。

輪廻転生は仏教的ですね。
なんとなく 生まれ変わる は思うけどね。
夫にはまだ生まれ変わって欲しくないな。
まだお骨と共に横に居てる感覚です。
そう思いたい。
ま、お骨は脱け殻で意味が無いそうだけど。
なので成仏するがあるなら、まだしてなくていい そう思ってます。
随分勝手な私の考えです。

色々な考えがあってもいいかな。

我が家は義母と夫の弟妹との話し合いがいつの日か要りますね。
葬儀も戒名も(なんか位を上げてほしいとか義母がね)一周忌も全て文句のないようにやりましたよ。
だから 後の納骨だけは私の思いでやらせて欲しい。
義父義母と特に仲は悪くないし、その墓に入るつもりだったけれど 今は夫と二人で土へ還りたい。
で、又 同じころに生まれ変わり出会いたい。
そう、またアホな人間やるつもりです(笑)

マルルさんのblogで何度もお邪魔しちゃってごめんなさい。 なんだろ 素直に話しやすい ここ。
ごめんね。ありがと。

かえさま

生きていかなきゃならない為のお金を
故人の為に貯金しなきゃならないのは
遺族年金としての意味が違ってくるよね。

でも自分を囲む現状がそうせざるを得ない。
頭の痛い現実だよね。

うちは義父母ともに他界してるから
こうしていられるのかもしれない。
生きていたならきっと色々口を出されたと思う。

かえさんの息子さんに負担を
かけない為にこれからご主人側の親族と
上手く付き合って...う〜ん、表現おかしいけど
上手く口を出さないように持っていかなきゃ
ならないのかもね。

うちはお墓がないから散骨だけど
もしお墓があったとしても
旦那の一族と一緒には入りたくない。
仲が悪いわけじゃないけど
私にとってはいつまでも他人なんだよね。
そんな気持ちもあります。

亡くなった人を大事に思うことも大切だけど
私はやはり生きている人を大切にする方が
もっと大事だと思っちゃうんだよね。

色々難しいね。

ラベンダーさま

ラベンダーさんの旦那さまは
愛されてるなぁ〜。
私は自分の転生は旦那にたまに会うくらいなら
いいけど また一緒に生きたいとまでは
思ってない。

人じゃなくていい。
出来るなら大樹がいいな。
ゆっくりと穏やかでいたい。

もし転生を繰り返して人になった時は
今の私と全く違う出会いをして
もっと生きる事一つ一つを楽しめる
人生を歩けたらと思う。

今の自分がいつもなにか欠けているような
そんな風に感じているからかも
しれません。

旦那がいつか人に転生するならば
今度はもっとあの人を大事に
思ってくれる人と出会って欲しいかなって
思うのも少し本音。


でも今は旦那よりも
子供達重視。
私が亡くなった時に面倒事残さず
自分の後始末が出来るようにする事が
これからの課題なのかも。
プロフィール

マルル

Author:マルル
東京都在住。

私、息子、娘の3人家族。
ぐうたら大好きのインドアパート主婦。
旦那が癌で亡くなり大変な日々を送っておりますが子供たちの協力で肉体的、精神的、金銭的にも助けられ、なんとかやってます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
コメントありがとです♪
楽しく読ませてもらってます♪
カテゴリー
訪問ありがとう
月別アーカイブ
いくつになったの
ブログ内検索
リンク

にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。