沢山のコメントありがとうございました。

葬儀、告別式共に終わり、
まだやる事は沢山ですが
とりあえず旦那を無事に
送り出せた安心感はあります。

亡くなった後、沢山のコメント
本当にありがとうございました。


闘病中に同じように闘って
共に励ましあった方々。
同じ苦しみ、悲しみを抱えて
いたからこそ頑張れました。

うちの旦那は一足早く逝ってしまいましたが
未だ闘い中の方もいます。
まだやりきれない想いを抱える日々に
涙して苦しいと思います。

完治が望めるなら頑張って欲しい。
そうじゃない人もいる。
どこまで命の時間を延ばして行くか
どこまで頑張って行けるのか、
その辛さは計り知れません。

うちは仕事を辞めて少しは
どこかに遊びに行けば良かったのに
そんな時間も無かったから
体が動けるうちになるべくやりたい事が
出来るといいですね。

そして出来るだけ自分を責めないで。
癌になってしまった事は
誰のせいでも無いんです。
どう動いても後悔は残りますが
たまには自分に優しくしてあげて下さい。

また、葬儀、法要に関しても
残される側として出来るだけ
お金は使わない形が良いのでは?と
いったコメントもいただきました。

確かに葬儀にかかる費用は高額で、
私も以前は出来るだけ安くと
考えていました。旦那が病気して
徐々に弱っていく姿を見ていた日々を
過ごす中、沢山のお見舞いや、
旦那を慕ってくれる人達からの
暖かい言葉や思いやりに
もしもの時にはやはり皆で送って欲しいと
考えてこのような葬儀になりました。

葬儀は亡くなった人よりも
残された人のためだという言葉が
今ならよくわかります。

それを強要するつもりは無いし
私がそう考えただけなので
人それぞれなのだと思います。


本日の記事にていただいたコメント返しと
させて頂きます。

永眠してしまったのでなるべく早めに
闘病中のカテゴリーから永眠のカテゴリーに
移る予定です。

ありがとうございました。





ポチッと押していただけると
励みになります。


にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

No title

マルルさん お疲れさまでした。

12日の朝6時半ブログを拝見し、あまりに突然で
驚きました。
すぐに言葉をと思いましたが、あの時の忙しさと
大変さは私も2ヶ月前にありましたので控えさせて
頂きました。

今日はよいお天気で旦那様をお見送りでき
良かったですね。
よく頑張られましたね。
まだ後の事が色々あり気が張っておられると思います。
でも、疲れは身体にたまりますので、
なかなか難しいことですが休んでくださいね。
ゆっくりと。


ラベンダーさま

こんばんは。
うちも旅立ってしまいました。
バカアホクソ亭主と思ってましたが
最後の方はただ優しくしてあげたいと
思って接してました。
今日は沢山の花に囲まれるわ
酒はガンガン飲まされるわ
ユニフォームに大量に落書きされるわで
旦那はさぞかし大変だったろうな(笑)

今は静かに我が家に帰って来てます。
ひとりぼっちの寒い霊安室から
家族がいる家に帰って来てます。

写真見ると泣いちゃうけど
いつか慣れていくんでしょうね。

明日は日曜で手続き等はお休みなので
私も子供達もお疲れ休みします。
朝寝坊するぞーっ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かえさま

うちのはとうとう卒業してしまいました。
まだ写真を見ると泣いちゃってます。
線香あげながら今後の事で文句言ってます。
閻魔さまのところで悪業を暴かれるとしたら
早死にした事で私達を泣かした事だと
娘と話してたんですよ。

かえさんのご主人はまだまだ卒業は
しないでね。この件に関しては
留年でもいいくらい(笑)

旦那と過ごした闘病中の辛い気持ちは時と共に
和らいでいくのでしょう。
でもまだ辛いな。

卒業してしまいましたが
かえさんが辛かったり愚痴りたい時とかに
いつでも顔出して下さいね。

1人はダメです。
私じゃなくてもいいの。
辛さ、苦しさ、悲しさをどこかで
抜けるようにね。

ご主人は今も充分頑張ってるから
私からは頑張れエールは送りません。
何もできないけどひとつでも希望に
なるような、そんな良い事ありますように
祈ってます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

かえさま

かえさんは闘病中からの家族癌友です。
私はブログで吐きまくってたけど
今かえさんの吐きどころが私なら
それはそれでいいんだよ。
的確なアドバイスなんて出来ないけど
辛さは理解出来ます。
かえさんが嘆く事で私が旦那との辛い思い出を
思い出してしまうのでは?というのにも
多分段々と薄れていくのだろうけど
辛かった事も込みでの旦那の思い出だから
気にしなくていいの。
旦那がいないなら死んでしまいたいなんて
思う性格じゃないしね(笑)
昨日だって写真見て泣きながらだけど
「あんたさ〜、ちょっと私に残す宿題
多すぎるんだけどv-359」と
もう早速文句たらたらだもの。
どんな形であれ癌家族はこの気持ちを
1人で飲み込んじゃダメです。
それは私の経験上だけどね。
辛さ、悲しさで心が悲鳴をあげてるのに
表面はコーティングされちゃって
何でもない顔しちゃうの。
そんなの良くないよ。
聞いてあげるだけだけど辛かったらおいで。
泣くのを我慢しちゃダメだよ。
プロフィール

マルル

Author:マルル
東京都在住。

私、息子、娘の3人家族。
ぐうたら大好きのインドアパート主婦。
旦那が癌で亡くなり大変な日々を送っておりますが子供たちの協力で肉体的、精神的、金銭的にも助けられ、なんとかやってます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
コメントありがとです♪
楽しく読ませてもらってます♪
カテゴリー
訪問ありがとう
月別アーカイブ
いくつになったの
ブログ内検索
リンク

にほんブログ村