発覚から転院まで

きっかけは旦那が血便が出たから病院行ってくると言われた事。
かるーく痔じゃないの?なんて話していたんだけど、
血便検査して下さいと言われ、その後陽性反応。


3/19
内視鏡検査。
小さいポリープが2つ。
2つ共内視鏡で切除だったんだけど問題はもっと奥にあった腫瘍。

かなり大きくて内視鏡が通らない。すべて一部細胞を生体検査にまわす。



4/4
ポリープ全部生検結果、小さい内の一つが陽性。
奥の大きいのは当然だけど進行癌。

後から聞けば、ずっと下痢が続いていたんだって。便も細くて。
それでも旦那はストレスで下痢をするタイプだから
あまり気にしないでいたんだって。


よくよく考えると大腸癌の症状にドンピシャじゃないのよね。

内視鏡の検査結果を家族の方と一緒に来て下さいと言われて
始めてワタシもこれはただ事じゃないぞと思い始めたのがこの頃。


4/4の結果までに
ワタシそれまでに調べるだけ調べた。

どうか初期でありますようにと祈ったけど
旦那の症状はどの記事をみても良く見てステージ2。

もう頭クラクラして病院の結果を聞きに行く前から情緒不安定で
一人になるとポロポロ泣いて泣いておかしいアタシ。



病院ではステージは切ってみないとハッキリ言えませんが
癌である事は確実です。
それもかなり大きいので早めに手術しましょうと言われました。

告知ってテレビとかじゃ本人に伏せるとかあるじゃん?

全然だよ。
アッサリ、アッサリ。

ああ、癌ですね。って感じ。

で、癌だから手術どうします?
ここで切ります?
セカンドオピニオン受けます?って感じで話が淡々と進むのよ。

頭じゃ、ああやっぱりなと思いつつ、でも全てを理解出来ない状態。

先生に何言われても「はぁ。」みたいな?

診断を受けた地元の病院は開腹手術しかやりませんと言われ、
でも、この時点で開腹しか手段がないのか
又腹腔鏡で取れる大きさなのかもわかってなくて、

ただここでの手術数が少ない事だけはわかっていたから
内心大きな病院でと心は決まっていた。

翌週までに、どうするか返事をと言われる。



4/9に転院を希望。
セカンドオピニオンを受けようかと思ったけどその時間すらも惜しかった。

とにかく一刻も早く旦那の中の癌を取り除きたくて。

地元病院の先生が東京医科大学から来ていると聞いて、
退院後の事や転院の一連の流れがスムーズに行くと思い
そちらに紹介状を書いてもらい、
翌週に医科大学での初診となりました。
この日に内視鏡が通らなかった奥の部分を調べるためにバリウム造影を受ける。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マルル

Author:マルル
東京都在住。

私、息子、娘の3人家族。
ぐうたら大好きのインドアパート主婦。
旦那が癌で亡くなり大変な日々を送っておりますが子供たちの協力で肉体的、精神的、金銭的にも助けられ、なんとかやってます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
コメントありがとです♪
楽しく読ませてもらってます♪
カテゴリー
訪問ありがとう
月別アーカイブ
いくつになったの
ブログ内検索
リンク

にほんブログ村