息子文化祭

昨日、今日と息子の学校の文化祭でした。

昨年ワタシは行ってるので様子は大体わかってるし、昨年同様やる気ゼロMaxな息子なもんで、仕事を休んでまで・・・と思ったのでワタシは笑顔でお見送り

息子の学校はほぼ男子校。しかも工業高校。
昨年の話だけど、

まだ高校生の彼らは接客業についたわけでもないけど、
なんつーかさー・・・・

一応お店屋さん出すんだったら、笑顔で客引きせんかいっ
教室のドア前で同級生とだべってないで、アーンド腕組んで不愛想に
「らっさいませ~・・・どうぞ見てってくださーい
って言うのは・・・

はっきり言って、おばちゃんは
入りづらくてどこにも入らず校内1周して息子の顔だけ見てさっさと帰宅したわ


きっと今年も同じようなもんだろうと思ってたら
台風接近の中、見に行った娘によると

「お兄ちゃんの学校、男ばっかで(←ほぼ男子校だからこれは仕方がない;;)
 なんか怖い

ほ~ら同じだ(苦笑)


けっしてそんなに評判の悪い学校ではないのだが・・

今どき男子、文化祭ごときで笑顔を振りまくのは恰好悪いと思ってるのか

可愛い女子でも来ないとやる気は出ないのか

ちっ。どうせやるならしっかり盛り上がってくれば良いものを・・・



学校での販売ゆえ、ジュース等が安いと息子が言うので
お持ち帰り出来るものをお土産によろしくね♪って頼んだら

普通のシュークリーム買ってきた。

1個100円だったと。


普通の価格やーーーん
うちのスーパーと変わりないやーん


でもせっかくなのでありがたく頂きまっする



にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

誰のしわざ?

今週末は息子の学校の文化祭

しかーし天気予報は明日は明後日は強風を伴った台風接近


やる気ゼロMAX息子は「かえって暇で良いや~」等とほざいているが

イベントに台風とは…

息子の学校にはかなり強力な雨男がいる模様…
誰が台風を呼んでいるのじゃ~

週末ワタシは仕事なのでは嬉しくないぞ~

「台風来るらしいし、どうせ客も少ないから休んで下さいとか連絡来ないかな~」とぐうたらぶりを発揮する母に子供達の冷ややかな視線が痛いわっ

やりきれない

群馬・桐生で小6女児の自殺の記事が今ワイドショーとかで出ましたね。

もぉ、やりきれない。こういうの。

いじめが原因で命を絶つ。絶ちたかった訳があるはずない。そこまで追い詰められていたんだと思うと悲しくて仕方がない。

学校はいじめの認識はないという。

あぁ、やっぱりねって感じ。学校にとっては見ないふり。

そんな風に思ってしまったのは先日娘の部屋から1冊のノートが出てきたから。

中2の6月。国語の授業で意見文というのがあって毎月自分の気持ちを文章にするというのがあったらしい。

そこで娘は、自分が人間関係を築くのが苦手で、つい、きつい口調で話してしまったり、
不愛想になってしまう事や、その時いじめにあっている事を書いている。
自分がいじめにあうのはきっとこの性格のせいだろう。
でもそんな自分にも小学校からの友達でクラスは違ってしまったが
Mちゃんが自分を心配してくれて、話を聞いてくれたり優しくしてくれる。
そんなMちゃんにとても感謝している。
いじめは辛いけど頑張って学校に通いたいです。

と書いてあった。

不登校になる少し前の頃だ。


その意見文に担当の国語教師は

「そろそろMちゃんのように人の事を心配してやれる人間になりなさい」

とコメントを返してあった。

靴を捨てられ、弁当を隠され、クラス中から無視されていたこの頃の娘の心情を思うと涙が出てくる。
それでも頑張って学校に通いたいと書いた娘の意見文にこの教師はなんて思いやりがないんだろう。

この時の担任もそうだったが不登校児なんて正直手に余る、フリースクールに行くならどうぞ!みたいな対応に心底腹がたったが、担任だけじゃなく他の教師も娘の気持ちをくんでくれる教師はいなかったのだろう。

学校への不信感は今も変わらない。

自殺した女の子の気持ちを教師がもっと聞いてくれていたら違ったのかもしれない。
それでも子供なんて残酷だからいじめはとまらなかったかもしれない。
でも止まらないなら学校で彼女を守って欲しかった。
親も何度も学校に相談に行ってるのに、いじめの認識がなかったなんて嘘だ。


学校なんて 学校なんて 学校なんて・・・って思ってしまう。


亡くなった女の子の魂が安らかにあって欲しいと今は思います。


今回はちょっと感情的になってしまいました。
ごめん







にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

7時間半

携帯更新でごじゃります
前回のコメ返しはパソコンを開き次第必ずやいたします~

先日仕事でちょ~っと怒られてしまい、帰宅してからも悶々悶々

自己消却出来そうもなかったから夕飯の片付け後、缶チューハイ一本ガーッとあおり、家族がまだまだテレビを愉しむ9時にさっさと布団を敷き、耳栓、アイマスクを付けアルコールの勢いが残っているうちに就~寝

翌日起床4時半まで珍しく一度も目覚める事なくたっぷり7時間半

睡眠の力って凄いね
なんかも~久しぶりに目覚めが良かったもん

はぁ~…毎日これ位寝たいもんだぁ

学校見学その②

本日私立の学校訪問その②です。
今回の学校はその①の学校とは違い、ビルのワンフロアだけが学校で校庭の代わりもなく、設備もまぁ普通。
でも学費は同じ位高い(なんでやねん

ただ娘の感触が好感触だったんだよねー。
先生方の印象が温かい感じ

ここは通信制と通学制の両面を持ってる学校で週5、週2、在宅通信制のどれかを選択できます。

親の本音としては週5で通わせてあげたいんだけど、正直今のうちの経済力では無理

週2通学だったら何とか払ってあげれるかな・・・
ただ学力の面が心配で先生に質問したら その点はスクーリングとレポート、補習もあって3年で卒業できるって。
だけど週5のクラスよりも希望人数が毎年少ないので一クラス5,6人程度。
友達沢山高校生活って訳にはいかないかも・・・って言われた。

娘にそのこと話したら
「お母さん、アタシが今どんな環境にいるかわかってる?
 スクールでの授業なんていつも3,4人だし、
 酷いときはアタシだけの日もあるんだよー(苦笑)
 人数少ないのは全然気にならないよ。それにアタシ
 友達いなくても平気だし。

・・・友達いなくても平気だし・・・

そんな風に言える娘の言葉にちょっとショック。

不登校になってスクールに行くようになって約1年。
笑顔も出るようになってスクールの友達もできて
楽しそうな姿にホッとして・・・

でもまだ娘の心の傷はふさがってはいないんだな~・・・と。

人間関係を築く事が怖いんだな~・・・と。

中学で悲しい思いをしてるから高校では楽しい学校生活を送ってほしい。
もしここに通うようになったら週2クラスでそれはできるのだろうか?

でも払っていけないものはどうにもならないし・・・

ほんと、娘にごめんとしか言えないね



都立に入れば全てがOKになるか!?はわからないけれど
とりあえずはお金の心配をさせないで学校に通わせる事だけはできるから

例えば部活に入りたいって言いだしてもお金の事を心配しないで出してあげれるから。
今は塾にお金がかかってどこにも連れて行ってあげれないけど、もし都立だったら
ささやかに旅行にも連れて行ってあげれる。


そういう面で私立より都立に入って欲しいと思うのはダメなのかな。





お久しぶりぶり♪押してくれると嬉しいな♪↓
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村


ごぶごぶです(^_^;)

なんだかすっかり放置気味なブログになってますが元気でーす(≧∇≦)

ふぃるさん、ご心配のコメントありがと♪
放置しまくってますが元気ですよん♪

ただ毎日あまりにも忙しすぎてパソコンに向かう体力がぁ~…(ノ△T)

パソコンに向かう時間があるならとにかく寝て体力回復!!って感じでこの放置ぶり…(^_^;)

本当はこんなに放置しまくるなら辞めた方がいいかな…とも考えたんだけど、ここはワタシにとって家族にも言えないような気持ちを吐き出せる場所だから この場所を無くすのはチトつらい(T_T)

今は仕事や子供の事でバタバタしててとんでもなく時間が無いけどそのうちきっと前みたくマメに更新出来ると信じて辞めないでおこうと思ってマス♪


とりあえずパソコンまでいけなかったから本日は携帯更新してみました~♪


明日は仕事を休んで娘の学校見学その②ですわ;
(あぁ、楽しい用事で仕事を休んでみたいもんだ(∋_∈)


今日はこっちは秋を通り越して冬の陽気だったよ。皆さま、風邪をひかないように温かくして過ごしてね♪

昨日は飲み会でぇ・・・

社員の一人の移動が決まったのでパート主催で飲み会だったの

約1年半・・色々な面でお疲れ様っすな方でしたわ
新しい環境でぜひとも頑張って欲しいもんです。

パート達は笑顔で栄転をお祝いしましたよー
決して口にはしませんが「もう、戻ってくんなー」的なところも少々

サブチーフ⇒チーフに昇進なれど私達からすれば
「こんなんでチーフ任せて大丈夫なのか」とみんな思ってマス;;
新しい店舗でベテランのパートさんにいじめられませんよーに(苦笑)


で。久しぶりの飲み会で飲みすぎて~・・・・

今朝起きたらプラス2キロ



・・・がひょーん・・・・


本日もありがとーん♪
お帰りの前に押したってん
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

学校見学その①

先日、学校見学(私立)に行ってきたよー

志望校は都立なので母子とも『あくまでも滑り止め!!』
・・・なれどもしかしたら;;の場合もあるので一応様子は見てこなければ

娘は不登校ちゃんなので本人の希望は不登校児を積極的に受け入れている学校!をご希望(苦笑)
っていうか本音は学校行ってないから勉強めっちゃわからんし、
塾に通っててもこの成績はなんじゃい
なので学科試験があるところははなから不合格になると自信満々

その点不登校児を受け入れてる学校は試験がゆるい(苦笑)&学校によっては拘束時間が短かったり、
今までの不安のある生活を考慮してか?資格を取ることに熱心な学校もあるの。

その分お値段もお高い・・・・

でもまぁ、親としてはせめて高校卒業までは・・・と思っちゃうんだよね


娘の私立滑り止めは結局2校に絞りました。
どちらも家から電車通学で40分くらいかな

今回はそのうちの1校で学校の教員全員が心理カウンセラーの資格を持つという学校。

さすが私立。公立しか知らん母からみれば校内を移動するのにエレベーターがある時点で
「・・・・はぁ・・・金かかってるわねぇ」って思ったわ。

そんでね、説明がまぁ・・なんつーか・・・・

壁紙や教室の色の説明から始まって・・


「なぜこの色を使ってるかわかりますか。お母様。
○○色は(もう説明忘れた;;)人間のやる気を出す色なんですよ。
だから当校の教室の入り口はすべてこの色なんです。
そして壁紙は真っ白ではなく薄く色がついてます。やんわりと心を穏やかにし、
また教室ごとに模様が少しづつ違うんですよ。
教室によってメリハリが出るように配慮されてますetc..


母 「はぁ・・・。」

いやその・・まぁ・・確かにうちの娘ちゃんは不登校児なんですが
フリースクールにはきちっと通えてますし、
学校にいけないのはいじめた子が在学しているので行けないだけで学校自体が怖いとかじゃ無いんです

なので娘にとっては壁紙が白かろうが
教室のドアが白でもクリーム色でもグレーでも

あんまし気にしないと思うんですよね~

壁紙に金使ってんだったら学費下げろよ・・・と心から思うワタシ

ま、心のケアはもちろん大事だし、そういうメンタルな面に注意して学校運営して
下さってるってぇ事はわかりましたけどね




学校に校庭が無いので地下にスタジオと言う名の防音設備ばっちしの部屋が3つありました。
1つはダンスなど用、1つは音楽関係用、1つは多目的ルームだそうで・・・(苦笑)



見学が終わって帰りの電車で・・・

娘 「ま、どうせ都立行くし。」

母 「うん、志望校は都立だもんね、でも、もしもって事があるかもしれないから
一応受験はしておかないとね

娘 「別に良いけど~・・・でもさー~・・・思ったんだけど
あのスタジオ、3つも作るんなら一つにしてひろーく使った方が
よっぽど校庭の代わりになると思うんだけど3つはいらないんじゃね?」


うん、それは母も思ったぞー!!
そんなところで価値観のあった母娘でした。









本日もありがとーん♪
お帰りの前に押したってん
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村

へたってます

いやはや;;
このところの更新しなさ加減たらとんでもないわ

正直、する元気がありませーん

仕事で2人辞めました。
仕事量は変わらないので、帰宅するともう、ヘトヘトで・・に向かう元気もなくって~

プラス娘の進学問題で・・

もーーーーーっ金銭面で頭がいたーーーーいっ

頑張って都立に受かってもらうしかないんだけど、この倍率ってなんなのよ;;
「都立に行けなきゃ私立」って担任は簡単に言うけどさー!
その金をどうすりゃいいんだよーぉぉぉぉ


休みは休んでもちっとも休んだ気がしないし(くすん;;)

もともとそんなに体丈夫な方じゃないけれどこのところ体力の無さをしみじみ実感するわ・・・

そんなんで更新遅れがちなワタシ・・・;;

皆様のところへはマメに顔を出したいと考えてますが
このなーなーなブログも出来るだけガンバぁぁぁ!!






本日もありがとーん♪
ヘタレブログに愛の一票を
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村
プロフィール

マルル

Author:マルル
東京都在住。

私、息子、娘の3人家族。
ぐうたら大好きのインドアパート主婦。
旦那が癌で亡くなり大変な日々を送っておりますが子供たちの協力で肉体的、精神的、金銭的にも助けられ、なんとかやってます。

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
コメントありがとです♪
楽しく読ませてもらってます♪
カテゴリー
訪問ありがとう
月別アーカイブ
いくつになったの
ブログ内検索
リンク

にほんブログ村